男子尿道炎はセックスやオーラルセックス(フェラチオ)などで病原微生物が尿道に入り引き起こされる性行為感染症です。病原微生物としてはクラミジアと淋菌が多く、前者は、精巣上体炎(副睾丸炎)や時に前立腺炎の原因になります。

●クラミジアによる尿道炎
 @尿道に違和感があり、透明な分泌液が出ることがある。
 A約半数の人では症状が無い。
 B感染後症状が出るまでの期間は1〜3週間である。

●淋菌による尿道炎
 @排尿時に尿道に焼けるような感じや痛みがある。
 A「うみ」のような分泌物が出ることがある。
 B感染後症状が出るまでの期間は3〜7日である。

尿道炎は飲み薬や注射で必ず治ります(一般薬局の薬では治りません)。
検査は尿検査だけで痛みは全くありません。
保険外(自費)での検査・治療もお受けしています
---------------------------------------------------

男性の性器の炎症は一般の細菌、カビ、ヘルペスなどのウィルス、梅毒など様々な原因で起こります。当院では性行為感染症を中心に診療しています。稀にアレルギーや全身性の皮膚疾患などで炎症を起こすこともありますので、その際は皮膚科専門医の受診をお勧めします。

尖圭コンジローマは男性の亀頭、尿道口や包皮にイボ(上写真)ができる病気です。ウィルスの感染によって起こる性行為感染症のひとつで、潜伏期間は約3ヶ 月です。治療は保険診療で行われ、塗り薬「ベセルナクリーム」による治療を開始します。1〜3ヶ月の塗り薬による治療でも治らない場合は局所麻酔をしてイボを切除・電気蒸散 します(麻酔料・手術料・病理診断料を含めて、3割負担の方で1万円程度です。)。

*真珠用陰茎小丘疹やフォアダイスなど治療が必要ないものは初診料のみで診断できます。


---------------------------------------------------






    泌尿器科 [大分市 大分泌尿器科病院]