Concept

安全で、温かな、
患者指向の医療を目指して

泌尿器科専門医療機関としての医療責任を果たします。
わかりやすい説明と同意を徹底します。(Informed Concent)
実証医学に基づいた検査と治療を行います。(Evidence-based Medicine)

大分泌尿器科病院について

前立腺肥大症 
<レーザー治療>

男性特有の良性疾患である前立腺肥大症の患者は、現在、国内で51万人いると推計されています。多くが50歳以上となりますが、前立腺は30歳代後半になると肥大しはじめ、60歳では半数以上に肥大がみられます。85歳までにはほとんどの男性の前立腺が肥大しており、その4人に1人が前立腺肥大症の各種の症状が出ると言われております。今後、高齢化社会が進むことに伴い患者数は今後ますます増えると予想されます。

欧米では前立腺肥大症のレーザー手術はほぼ蒸散術です。
当院ではこれまではグリーンライトレーザーを用いたPVP(光選択的前立腺蒸散術)を8年間で600例以上の患者さんに行っておりましたが、現在は2016年より保険収載された最先端の前立腺肥大症低侵襲治療として接触式レーザー前立腺蒸散術(CVP:Contact laser Vaporization of the Prostate)を行っています。

尿路結石 

<体外衝撃波とレーザーによる破砕治療>

10mm以下の結石の治療は体外衝撃波による結石破砕術(ESWL)が主流です。当院にはEDAP社の最新の結石破砕装置台が導入されており、約30年間で10,000例近くの治療を行いました(2018年現在)
さらに、ESWLでは対応困難な結石に対してはホルミウムレーザーを用いた内視鏡手術(TUL)も積極的に行っております。

  • 当院の治療装置は下部尿管結石など全ての部位の治療が可能です。
  • 痛みがある受診当日からの治療が可能です。
  • 麻酔やカテーテル留置などの処置を必要とせず外来通院でも治療可能ですが、結石が大きい場合や体外衝撃波であまり変化がない場合は、排石までに長期間かかる場合もあります。

一般診療

特殊外来

ご予約

当院の外来診療は予約制となっております。
初診の方は電話でのご予約をお願いいたします。

お気軽にお問合せください
097-532-3177
一般診察
特殊外来
一般診察

外来診療時間

午前診
9:00~12:00 (受付11:30まで)
午後診
14:00~18:00 (受付17:30まで)