前立腺肥大症

男性特有の良性疾患である前立腺肥大症の患者は、現在、国内で51万人いると推計されています。
その多くが50歳以上となりますが、前立腺は30歳代後半になると肥大しはじめ、60歳では半数以上に肥大がみられます。
85歳までにはほとんどの男性の前立腺が肥大しており、その4人に1人が前立腺肥大症の各種の症状が出ると言われております。
このように前立腺肥大症は極めて一般的な病態であり、高齢化社会が進むことに伴い患者数は今後ますます増えると予想されます。前立腺肥大症の治療法としては、まず薬物療法が用いられますが、薬物療法では症状が十分に改善されない場合、前立腺を切除する手術療法が選択されます。
前立腺肥大症の手術にはいくつかの方法があり、現在は特殊な電気メスを用いる方法(TUR)が主流となっています。また、旧来のレーザーを用いた手術法 (HOLEP/HOLAP)も実施されていますが、手術の難易度の点などから、まだ普及は一部にとどまっています。

欧米では前立腺肥大症のレーザー手術はほぼ蒸散術です。
当院ではこれまではグリーンライトレーザーを用いたPVP(光選択的前立腺蒸散術)を8年間で600例以上の患者さんに行っておりましたが、現在は2016年より保険収載された最先端の前立腺肥大症低侵襲治療として接触式レーザー前立腺蒸散術(CVP:Contact laser Vaporization of the Prostate)を行っています。

前立腺組織に光ファイバーを接触させてレーザー光を照射することで、前立腺組織に高熱を与え、組織中の水分や血液を蒸発させ、組織を気化して消失(蒸散)させてしまう最新で低侵襲の手術方法です。
最大の特徴は出血が非常に少ないことです。古くからおこなわれている切除術(TUR-P:経尿道的前立腺切除術)では抗血栓薬を服用したままの手術は極めて困難でしたが、レーザー蒸散術ではそれが容易に可能です。そのため、これまで手術の適応があるにもかかわらず抗血栓薬を内服しているために断念せざるを得なかった患者さんにも安全に手術が可能です。

排尿症状は術後よりほとんどの方が速やかに改善し、手術時間も従来のレーザー蒸散術よりも短時間で済みます。術後の痛みも少ないこともメリットです。入院期間は約4~7日間と短期間での入院日数での治療が可能です。

*初診時検査: 尿顕微鏡検査、腹部超音波検査、尿流量検査など。

※拡大図


実際に当院で行われた治療成績を数多くの学会で発表しております(当院のフェイズブックページをご覧ください。)

2016年にアメリカ泌尿器科学会総会(AUA)で発表いたしました射精機能温存PVPもご好評で、遠くは北海道から当院での手術を希望されて来院されておりました。CVPでも同様ですが、100%の術後射精機能を保証するものではありません。受診時にお気軽に主治医にご相談ください。

(治療費用は、1割負担の方で3~4万円、3割負担の方で10~12万円程度です(3泊4日入院の場合)。 ※麻酔方法や入院期間により異なります。)

GreenLight HPSの薬事承認/保険適用に関するプレスリリース