前立腺がん

前立腺がんの腫瘍マーカー:PSAが異常値の場合、前立腺がんの他に大きな前立腺肥大や炎症の存在の可能性があります。外来でのお薬での治療の結果やMRI検査によりがんが疑われると前立腺の一部を針で採取して検査する「針生検」が必要となります。
PSAが4~10 ng/mlのグレーゾーンとされる領域で癌の見つかる確率は約30%と言われています。あまり高くない確率ですが、PSAが10を超えると早期がんの状態を過ぎている場合も多いので注意が必要です。

検査方法

前立腺針生検について

当院では検査の後に尿道カテーテルを留置する必要のない麻酔方法を用いて経会陰的に検査を行っています。

方法

考えられる合併症

治療方法

初期癌に対して行っている治療

その他薬剤などによる治療

内分泌(ホルモン)治療、抗がん剤(タキソテール・他)による治療 など