女性膀胱炎

急性膀胱炎のほとんどが成人の女性に発症します。これは女性の尿道が太く短く肛門に近いために、便の中の細菌が膀胱の中に入りやすいからです。細菌が膀胱 の中に入ると、尿の中で急速に増えて炎症を起こします。排尿の終わりの強い痛みや頻尿、血尿や尿が濁るといった症状が出ます。膀胱炎は抗菌薬が非常に良く 効きます。ただこの病気は再発が多いので完全に治療を行うことが肝要です。

*初診時検査: 尿検査(全例)、腹部エコー(症例による)
*一般的な膀胱炎の場合、内診や内視鏡を行うことはありません。