消化器科・肛門科を開設いたしました

4月20日より大分泌尿器科病院にて消化器科・肛門科を開設いたしました。これまでの泌尿器科単科病院の専門性に加え、消化器の幅広い疾患(現時点では中〜大手術・緊急対応不可)を要するに対応可能になりました。

工藤先生はこれまでに大分県での基幹病院での外科手術は勿論、慢性期や老人医療にも精通された総合診療医としても豊富な知識と経験をお持ちです。

消化器科・肛門科開設に伴い肛門のゆるみ、便失禁、直腸瘤、ガス(おなら)もれに対する最新の治療としてフォトナレーザーによる治療を開始いたします。全身麻酔や入院の必要がなく、患者さんへの負担は少ない治療です。外来で行い、1回20-30分で終了します。
フォトナレーザーは自費診療ですが、通常の一般診療も行っております。お悩みの方はお気軽に受診されて下さい。